FUNNYTANGO

ド♪

スプラトゥーンの大会に参加したよ② [右手に盾を左手に剣を杯]

概要

投稿がちょっと遅れたのは真夏のせいです1,2 jump。 イカ感想です。6月に大会やってまた7月に大会やるの、意外とハイペースでは?

まぁまるさん(@MaamaamaruIKA)主催の大会に参加しました。

ルール<予選>

基本的にには通常の対抗戦(そもそも対抗戦という言葉を今まで知らなかった)ですが、 武器を射程別に分類し、普段使う武器と同じ射程の武器を使わないという縛りがあります。

これがちょうど遊戯王の「右手に盾を左手に剣を」の効果、<攻撃力と守備力を入れ替える> ようなルールのために名前が付けられました。

普段使わない武器を用いて行う大会といういつもと違った楽しみ方を盛り込んでいます。 そのため慣れない武器で苦戦することも多かったようです。

なお、リンクモンスターは守備力が存在しないため、このカードの効果は受けないそうです。

チーム紹介

自分のチーム(チーム名 : CRIMSON LOSTMANS -鬼殺しのお茶漬け梅干し5人前- 略:CLs)です。 チーム名なげーなオイ←

  • ラピッドブラスター/エクスプロッシャ―/ノーチラス(おにさん)
  • キャンピングシェルター(めぼさん←まさかの連続同じチーム)
  • わかばシューター/96ガロン(おちゃにゃんこさん)
  • バレルスピナー/ジェットスイーパー(わし(X2歳))

全体的に後衛武器が多かった印象です。チャージャーは少なかった気がする。

試合

エリおまロスト3先です。意味は「ルールエリア、ステージおまかせ、 選ばれたステージは次の選択肢から除外、3回先に勝った方の勝ち」です。(たぶん)

今回はYoutubeで動画投稿もされているよらとさんの協力で、限定公開配信(※URLを参加者のみに伝えることで限定的に見れる)で 試合が見れる(更にアーカイブで振り返りも可能。期間は分からないです)という豪華仕様。

主催チームの実況もあり、スポーツ番組を見ている気分です。

自チームは決勝には登れませんでした。。。(すまん毎回) 1回戦目は(自分が苦手な)Bバスであまり動けませんでした。 機動力を得るためジェッカスに変えたら前よりは連携が取れたと思います。

ハッシュタグ付けて動画の ダイジェストツイートをしていたのですが、カード名間違えていたという(よらと氏のご指摘で発覚。穴があったら入りたい)

Search Twitter - #右剣左盾杯

勝戦

決勝までに別チームのドタキャン騒動などがあり一波乱起こりましたが、無事大会はフィナーレを迎えられました。

優勝チームはスペシャルを全員ナイスダマで固めていて超強かったです。

最後に

主催まぁまるさんと実況解説動画支援のよらとさん、お疲れ様&ありがとうございました。 とても楽しかったです。 運営については苦労も多々あったともいますが無事完遂してめでたい限りです。

また、チームメイトにも感謝の意を☺

PS 打ち上げ納会プラべもありがとうございますV

スプラトゥーンの大会に参加したよ [K-1(キム-1)GP]

概要

イカの感想です。ざっくばらんですがよろしくオナシャス

自分はちょっと前から(ちょっとといっても2年前)ゲーム用にアカウントを作っていたのですが、 アカウント作成当時からお世話になっているまっつんさん( @cosmokun3 )の主催するスプラトゥーンの大会、通称キム杯に参加してまいりました。 言いたいこととしては「楽しかったよ!」の一言に尽きます。 *1

ルール<予選>

スプラトゥーンは4人一組で行うチームゲームです。今回は大きく参加者を2ブロックに分けて、ブロックで勝ち残ったチームで優勝を決めるものです。(予選・決勝) メンバーはウデマエとリーグパワーを見て戦力に差が生まれないよう選択します。 また、ブキは事前申告制となり、あらかじめ誰が何を使うかは分かった状態になります。

予選は通常の4人戦ともう一つ、3人戦(3 on 3)があります。バスケっぽいですね? 文字通りの戦いですが、戦力の高い人は試合に入れる回数が制限されているという、バランスを考えたルールとなっています。そのため、相手のメンバーを見て誰が試合に参加するか判断するというのも必要になります。

スプラトゥーンの詳しいルールをここで書くと大変なので、詳細はWikiなのでご確認ください

チーム紹介

自分のチーム(チーム名 SuperFusaBrothers/SFB)は

  • リッター4Kスコープ(ふささん)
  • ボールドマーカー(にゃほさん)
  • スパイガジェット(めぼさん)
  • N-ZAP 85(わし)

となります。正直参加者の中でもかなり珍しい編成じゃないかと思っています。(メタい話だと大会参加者で長射程の人が結構少な目な印象でした)とはいえ、自分以外はXなので非常に頼もしかったです。

雑談しながらリグマして練習したり、動画紹介したりなどとても楽しんでプレイできました。 ここじゃ紹介できないのですが、フライヤー師がいい仕事をしていたと思います。

試合

予選は2チームと試合を行いました。片方は竹やローラーや傘で立ち回るチーム、 もう片方はシューターベースでローラーで奇襲するチームです。

メンバーが事前にある程度分かっているため、要注意人物に対しての警戒を怠らないようにとのリーダーのアドバイスなどがありました。無理な対面を回避しつつ、連携をとっていくように意識しました。

決勝に進むことはできませんでしたが、片方は引き分けに持っていけたため、善戦したのではないでしょうか(自画自賛

また、別のチームとの試合ではサプライズで謎のチームが現れたのは面白かったです。

勝戦

勝戦はつい先日行われました。ルールが特殊で、試合終了時の残りカウント数分手持ちのポイントを減らすという、 次元領域デュエルにも近い変則ルールとなっております。一工夫されたルールがミソですね。

勝戦はDiscordのライブ配信で運営チームによる実況を交えた配信が行われました。

そして無事に勝負がつきました!

優勝チームにはオリジナルTシャツ、準優勝にはイラストが進呈されました。

最後に

参加してみましたが、程よい緊張感や新たなチームメイトとのつながりを作れて非常に有意義なものでした。 プライベートで目標があるとやっぱり捗りますね。

試合終わった後感極まりました。楽しかったです。

主催のまっつんさん・運営委員(でいいのだろうか?)のおまちょさんに感謝いたします。

また、そんなまっつんさんはプラべなどを日ごろから企画していただいているのですが、 この度晴れてYoutubeチャンネルを開設することになったそうです!

公開された暁には連絡を頂けるそうなので、その際改めて追記したいと思います。

*1:キムというのは人名です。

アニレコが終わって【ネタバレアリナ】

アニメ・マギアレコード無事放送が終わりました。 モキュの各位、お疲れ様でした。よかったぜ・・・

今回は気になった点を適当に怪文章として垂れ流しします。

ネタバレ成分も多々あるため、未プレイの方が見る場合は注意をしてくださいね。

巴マミホーリーマミの存在

最終話で猛威を振るったマミさんの新形態です。 マスケット銃を無尽蔵に撃ち続ける姿はどこかのバビロニアの王を思い出します。

あれはマミさんと「ウワサ」が半融合した状態です。当初はクリスマス衣装かと思われた姿ですが、実はあれには意味があったのです。 ウワサと融合する経緯についてはゲームの方でストーリーがありますので引いて見るといいです。自分は引けませんでした()

神浜聖女のウワサっていうもう半分マミさんやろって感じのヴィジュアルですが、おそらくアレは衣装型のウワサなんじゃないかと思われます。

魔法少女の真実を知ってメンタルが危うい状態のマミさんと融合することで半分ウワサに乗っ取られた状態となり、あんなハイなテンションになったと推測します。 結局あの人は攻める分には容赦なく強いんだけど一旦攻め手が途切れた瞬間、弱くなるんじゃないかなって気がします。 ゲームでも火力は鬼高いけど防御は低めですし。マギア撃ったら防御下がるし。 大人びた見た目ですが、なんだかんだでまだ中学生なんですよね・・・。

美樹さやかの戦い方について

13話で満を持して登場したさやかちゃん。あのマミさんの怒涛の攻撃を文字通り粉骨砕身で防ぐ姿は、本編とは比べ物にならない強さでした。 さやかの固有魔法は「治癒」ですが、アニレコではマミさんの攻撃を防いだ途中にもげた腕(!)を再生するところで使用していました。 本編では痛みを消す目的で使用していましたね。同じ能力でも使い方が全く変わってきているように思えます。

というのも、本編ではマミさんが早々に退場してから魔法少女になっちゃって、 杏子からは変な事(正論による暴論)を言われ、 魔法少女の真実を知って精神的に辛くなって、 追い打ちをかけるように仁美から上条への告白をされ、 ほむらはほむらでまどかの事しか考えてない(誇張あり)かろくに意思疎通もできず・・・。 結局精神が疲弊して魔女になってしまうという、もう間が悪すぎて最悪のルートでした。 ろくに魔法少女としての戦い方もできず、魔法の使い方も独学で余裕もないため、ゴリ押しのような戦い方になってしまったんですよね。

アニレコではマミさんは神浜に行ってしまい、退場をすることなく(事実上の闇落ちはしてしまうが)、 ほむらも眼鏡版のままそれなりに意思疎通をして、 魔法の真実を知ってしまうもののまどか・ほむらと共にそれを共有し受け入れる土壌ができており、 神浜の魔女とかに揉まれて戦い方も本編よりはできており(おそらくマミさんが存命のため訓練もできたと思われる) 比較的余裕が生まれている状態だと推察できます。

本編だとさやかが魔法少女になったときの同業者がまどかを救う事しか考えていない状態のほむらとドライでシビアな価値観の杏子だけでもう正直初心者にとっては最悪のメンツ(当時は)だったため、神浜の愉快な子たちと知り合えたのはでかいんじゃないかなって思います。

問題の上条恭介との恋愛感情はゲーム中では明確な描写はありません。しかし仮に本編同様仁美と取り合いになったとしても、この時のさやかなら失恋しても青春のほろ苦い思い出として乗り越えられるのではないでしょうか。

また、ホーリーマミさんとの戦いでは本編よりはるかに余裕のある状態で参戦できたため、腕こそ取れそうになりますが固有魔法で再生?して持ちこたえるという快挙を成し遂げました。 治癒能力も痛みを消すというヤケクソな使い方ではなく、さらに人を守るという目的のために使っているのが本編で彼女が貫きたかった誰かのために戦うを実践できていたように思えます。

環境って大事だよね(

黒江とはなんだったのか

序盤と最後で登場していた黒江ちゃん。名前も特に明かされない謎の少女でしたが、案の定マギウスの翼に入っていました。(←この文書いた後Pixivの該当項目を見たらそっちでも「案の定」使われててホンマ草です。)

ゲーム未プレイの方にこれはどういうことか解説しますと、黒江はゲームで言う「黒」の具体的にキャラとして落とし込んだ存在だと思います。 黒とは「匿名希望の黒羽根の魔法少女」の事です。バレンタインイベントで登場した名もなき魔法少女です。 ゲームでプレイアブルキャラクターとしてちゃんと実装されました。 ほむら(眼鏡)と出会うことになるのですが、この初対面ですでにマギウスの翼の下っ端として描かれているのです。

紆余曲折あり二人は仲良くなるのですが、黒ちゃんは魔法少女としてはとてもレベルが低いようで、すぐに魔女化してしまいます。描写から考えるとグリーフシードも満足に補給できず魔女に返り討ちにあったのではないでしょうか。 (ゲームでも最低レアリティ☆1で、強化もほとんどできず、最大レベルも40まで。他のキャラクターと大きく差をつけられている。)

このキャラクターは、力の無い・もしくは素質の無い魔法少女の行く末を描いています。また、願いも因果もとるに足らないもの(ゲームでは願いについては明かされていない。黒江の願い事は好きな人と付き合いたいというしょうもないよくあるもの、しかもすでに別れている)でそれが弱さにつながっているのかもしれません。

そんな弱い魔法少女(は想像以上に存在する。ゲームでもうざいほど戦うし)の受け入れ先がマギウスの翼というわけです。 黒江はそんな弱い魔法少女の顛末を描くための舞台装置なのかもしれません。

1期ではほぼ出番はありませんでしたが、マギウスの翼が大々的に登場したので2期で掘り下げがあるかもしれません。 彼女なりの葛藤やらなんやらが描かれるとうれしいですね。(ゲームとか鑑みるとどうあがいても死にそうだけどどうなることやらですね)

原作(アプリ)との差異

おおむねストーリーのベースは同じですが、ゲームでの描写を再編しているようです。 マギウスに加入した魔法少女が思ったより多かったのが違いの一つです。 というかみかづき荘全員とまさかのかえでもってのが驚きですね・・・。

ゲームではフェリシア・さなは洗脳はされておらず加入した「フリ」をしていました。 かえで・鶴乃はおそらく洗脳されているのでマギウスについています。 特に鶴乃については大きな掘り下げがあると思います(既にマミさんと同じくウワサと融合している可能性がある)。かえでちゃんはどうなってしまうのかは未知の世界です。

もう1つはマミさんといろはが地下に落ちていく展開とさやか単体での登場ですね。 ゲームではさやかと一緒にほむら・まどかが現れるのですがアニメでは居ませんでした。 あのタイミングで登場しないとなるとどこで登場するんでしょうか。 ワルプルギスの夜との戦いで現れるかもしれません。

ゲームでもメンバーが分かれてそれぞれの展開がストーリーで行われるのでアニメでもメンバーが分断された状態で進行していくのでしょう。

2期に期待がかかります。

マギレコについて④

アニメもまだまだ盛り上がります。ついにみかづき荘に5人登場する事となった。 果たしてマギウスの翼とは何なのか。ういはどこにいるのか。 アリナ・グレイとはいったい何なのか!(マジで) 黒江はどうなるのか!(マジで)(真顔)

「ご期待ください!!!」

なお、ゲームの方は天下一武道会のようなイベントが始まった。対人戦なので完全に戦闘力が札束と直結する。 初心者は(ハードルが高すぎるので)適当にやっていき。

今回はだんだんアニメで明らかになりつつあるマギウスの翼の面々について書いていく。

マギウスの翼

1部の対決する相手。

アリナ・グレイ

出 た わ ね。 ニコニコでアニメを見ている方々には弾幕の謎の多さに驚くと思う。 敵対組織の人間のくせにココ壱カレーのコラボで主人公勢と平然と並んで写るなど、ネタに事欠かない女。 ただし能力は非常に高く、木トップのマミさんに迫る火力と凶悪なスタン能力を持っている。正直おすすめなんだよなぁ・・・。 あんな性格でも身内には優しかったりする。意外と。 能力が結界の作成なので、魔女を封印して自在に解放することができる。まるでポケモンだぁ・・・

派生形態としてクリスマス限定のホーリーアリナが登場する。こちらはより火力に振った性能で所謂、ブラストゴリラである。木のブラストゴリラは現状彼女だけである。4凸ホリナは一人フォローしておいた方がいい。まじで強い。

柊ねむ

マギウスのブレイン担当1。学者の卵のような姿をしている。ネタバレになるので伏せるがマギレコ1部のほぼコアの部分を担当していたりする。灯花と喧嘩するぐらいの頭の良さを持っている。特に知識量では神浜で1番じゃないかと思われる。 性格はダウナーな感じ。 性能は木のアクセル3枚持ち。水のアクセル3枚持ちは貴重なので刺さるときは刺さる。

里見灯花

マギウスのブレイン担当。実質トップはこの子だろう。御曹司で非常に頭が良い。自他共に認める天才というやつである。 そのせいか思想も極振りで割と人の心がない。だがCVが釘宮理恵なのでたぶん許されるはず←。 属性は火。MPを減らしてくるので非常にマギアを打ちにくい。やちよさんのようなブラストコンボ攻撃で迎え撃とう。

天音月夜・天音月咲

マギウスの中間管理職でございます。CVが内田真礼内田彩である。キャラは本物の姉妹だが、声優に血縁関係はないでございます。 アニメ版では登場シーンで強キャラ感があって良かったが、まあ回が進むにつれ実情が露呈していく。 ポンコツという名の実情が・・・

ちなみに姉妹といっても、色々事情があって住んでいる場所は違う。姉の方は口癖に「~でございます」というのでございます。

月夜は闇属性でチャージ3枚持ち。チャージ3枚持ちの魔法少女は貴重である。月咲は光属性。ガチャではなくイベントで手に入れる魔法少女なので人によってはいなかったり強化できなかったりする。どちらもコネクトがお互いに向けて特別な効果を発揮する。

派生形態に水着版が存在する。この場合二人が1つのユニットになっている。属性も水に変化し、アクセル3枚持ちとなり全く別の運用をすることになる。能力も回復方面になっている。

なお、同じ魔法少女でも派生形態は別扱いなので、自前ですべての天音姉妹シリーズを所持し、フォローから天音姉妹の水着版を組み込むと天音姉妹が3セット同時に存在することになる。わけがわからないよ

梓みふゆ

お姉さん系魔法少女。母性がありマギウスの下っ端を上手くまとめている事実上の中間管理職的存在。実はみかづき荘でお世話になっていたことがあり、やちよとチームを組んでいた。 アニレコでもそのことをしっかりといろはちゃんにアピールしていたね。(通称元カノマウント) また、仲のいい相手にとっては思ったより甘えたであることも判明。いろいろ大変なのである。 アリナ曰く、パーフェクトボディ(意味深)。

性能はアクセル三枚持ちの幻惑要因。幻惑は相手の動きを大きく封じられるので刺さるときは非常に刺さる。また、アクセル3枚なのでマギアを打ちやすくなる。テクニカルアタッカー。

神浜の魔法少女

環うい

ういちゃん。主人公いろはの妹にあたる。いいこ。ネタバレ項目になるが、マギウスの一人であり、魔女になりかけの状態という超キーパーソンである。詳しくはゲームをプレイするかWikipediaなどの別のサイトを見てほしい。

性能は闇のバランスタイプであり、姉に似たり似てなかったりする。ストーリーの名残か、やっかい な状態異常呪いを振りまく。

黒(匿名希望)

名もなき魔法少女で、マギウスの下っ端。ほむらと仲良くなるが、最終的に魔女化して死ぬ。 全体的に救いがない。 おそらく、こんな運命の魔法少女が世界にはごまんといるよという企画サイドのメッセージなのだろう。あんまりだよ! バレンタインイベント限定配布なので意外とレア。いることはデメリットにならないので取れる時に取っておきたい。

性能は闇のアタック型。とはいえ覚醒ができない☆1の魔法少女なのでレベルは40どまり。戦力としては全く期待できない。専用メモリアに戦闘不能時に発動する効果がついたので単騎魅せプレイの要因ぐらいにはなるかもしれない。

また、アニレコでの黒江がかなり似た姿になっているがこの真意はまだわからない。

マギレコ事始め

マギレコアニメ、盛り上がっていますね。 イヌカレー空間をふんだんに使った意欲的な作品だと思います。アニメで映像化されることでゲームで何が起きていたかわかりやすくなってありがたいです。

アニメからマギレコを始めようと思った方へのガイドを書き連ねていきます。

また、私のアカウントも掲載しておきますのでフォローお願いします(土下座)。

これをやるといいぞマギアレコード

ストーリーを進める

まずは兎に角お話を進めましょう。序盤は敵が弱いので、ランダムに登場するサポートの魔法少女と一緒に戦えばどうってことはないです。

5章あたりからそろそろ厳しくなっていきますので、育成をします。 戦力が揃ってきたら再びストーリを進めます。 FGOと違ってさほど進行状況がイベント参加のハードルにはなりませんが、今後はそうじゃなくなるかもしれないので、キャンペーン実施中などにとりあえず1部を終わらせておくといいんじゃないかと思います。

育成する

育成にはいくつか種類があります。

レベルを上げる/限界突破する

基本中の基本ですね。レベルを上げる素材は強化クエストで手に入ります。序盤は初級を回り、ある程度育ってきたら超級にも手を出すといいです。属性の素材が手に入るのでおいしいです。 序盤はまず「いろは」を育てます。というのも、ストーリー中でいろはを編成しないといけない場面が出てくるからです。しかし強化に掛かる素材も軽く、最後まで育て上げるとまどかに匹敵する強さになりますのでお勧めです。

また、アニメに出てきた主人公メンバーは基本的に強いので育てましょう。

マギアLVを上げる

必殺技が強化されます。ストーリークリアだけなら未強化でもそれなりに戦えるので後回しでいいです。 ただしドッペル解放で必要になるのでどこかでやるべきではあります。

主要キャラについてはドッペルを開放するミッションで素材がもらえるので進めやすいです。

魔力開放する

ガチャでダブった魔法少女ができる強化です。メモリアという装備のようなものを持てる枠です。 最大4スロットまで解放できますが、4スロット解放(4凸)するとメモリアを4枚装備出来て、非常に強力です。実際、低レア魔法少女でも4凸したこの方が強くなります。

精神強化する

1部クリア後に実装された機能です。強化するとスキルが1つ増えますが、序盤は無視していいです。推しがいる場合はその限りではありません。

ガチャを引く

魔法少女のゲームなので魔法少女がいなければ戦えません。引きましょう。今はアニメ放送中の土日に10連無料(やばい)が行われているので引き時です。高レアの子がいれば俄然おすすめですが、低レアの子も育てると強いので、引いていきましょう。

☆4キャラだとやはり見滝原の原作勢が圧倒的に強いです。特にアタッカーとしてはマミさん・杏子が頭一つ抜けています。サポーターではまどかです。さやかはちょっと扱いがピーキーで中級以上向けといえます。まあ運用は原作を見てもらえれば大体わかります(白目)

イベントをプレイする

神浜ではしょっちゅうドタバタ劇が繰り広げられています。イベントに参加すると育成用の素材が多く手に入ったり、魔法少女がもらえます。超おすすめ。特に序盤は足りない素材を中心に集めて、余裕があればオーブとかチケットとかとるといいでしょう。

  1. フォローする

私をフォローして、魔法少女になってよ!!! 泥犬さんやDJ KOOさんもやっています。あの世界的DJと繋がれるマギアレコード! 特にメモリアを4枚持った魔法少女がおすすめです。 かつ☆5であればなお宜しい。

最強はアルティメットまどか・ほむら・タルトあたりです。一人はフレンドに居ると後後変わってくるでしょう。

マギレコについて③

マギアレコードについて 登場人物紹介の続き。思うままにやる。黒江ちゃんは出番まだですかね・・・・?

マギアレコードソングリスト

似たような名前で割と混ざる・・・

かもれトライアングル

  • 準メインキャラクターの3人組魔法少女。名前は後付けで、キャラの特性から初期はチームゴリラと呼ばれていた。 同じカードの3枚持ちが多かったためである。 属性は火・森・水と隙がない。

十咎ももこ

  • 高校生魔法少女。しっかりしてて頼りになる姉御キャラである。珍しく男兄弟がいるらしい。また、ドルオタでもあり、レナとオタ活をしている。みかづき荘から一歩離れた長い付き合いってところだろうか。苗字はとがめと読む。初見殺しだろ・・・

  • 戦闘面ではチャージ3枚持ちで防御無視コネクトが強力。一気に大ダメージを与えられる。ブラストと違ってマス目が1つしかない魔法少女戦の方が効果を実感しやすいだろうか。

水波レナ

  • 序盤で登場する。性格はSキャラというか、やたらと突っかかってくる棘のある性格だった。ストーリーが進行するにつれ、丸くなっていく。
  • あと中3という事実。あの乳で中3は無理でしょ・・・ 巴マミといい、年齢とかは超テキトー!そんな気がする。

  • 戦闘はアクセル3枚持ちでマギア発動がしやすい。コネクトもアクセル強化なのでどんどんマギアを連発していこう。

秋野かえで

  • かもれの最後。この中では最年少。気弱な性格で序盤はレナと喧嘩していた。ストーリーが進むにつれて成長したのか、煽りをちょいちょい入れるようになった。 あと、願いがマンションの撤去というなかなか斬新なのも特徴(違う)

神浜の魔法少女 -低レア編-

各属性から一人紹介。全部☆2スタートなのでガチャでガンガン当たる。

胡桃まなか(火)

  • ウォールナッツというレストランの子。本人も料理っ子であり、レストランには魔法少女がよく訪れる。アニメで声無しで登場しました。ドア様と。CVは洲崎綾なのでどことなく駆逐艦…?を思い起こさせるのは一部のクラスタのみでしょう。 炎属性で数少ない回復持ちなので育ててみるのはどうだろう、

都ひなの(森)

ドッペルあり

  • 見た目は幼いが、年齢的にはやちよさんの1個下、高3である。マギレコ魔法少女界ではかなりのベテランである。 性格は理系の子のそれ。ツッコミ役で立ち回ることが多いというか、ちっちゃいからいじられキャラの傾向がある。
  • 失恋したり友達とイベントに参加したり魔法少女ライフを満喫している。 また、年長者ということで信頼も得ている。実際、ご意見番としての出番もあるぐらい。 最大まで強化すると立派な戦力になる。 毒状態にする。

空穂夏希(水)

  • 戦乱カグラのイラストレーターによる魔法少女。野球部所属。チームには属していないが、性格は社交的なので、困ったときの応援団員として場所を選ばず盛り上げてくれる。 魔法も応援の魔法でスタンダードなバフをまくのが強み。目立つ強みはないが、誰と組んでも仕事をする性能といえよう。

美凪ささら(光)

  • マシュと同じ声。騎士を目指しており、魔法少女の姿もそれをモチーフとしている(円卓の騎士・・・) レスキュー隊の父親にあこがれている。神浜ではツッコミ役のイメージが強い。 性能は防御寄り。バディを組んでいる竜城明日香と組ませると固いパーティが組める。

木崎衣美里(闇)

ドッペルあり

  • 闇属性ではあるが性格は陽キャのそれ。鬼頭明里さんがCVを務めている。 社交的なのでいろんなストーリーに絡んでくる。都ひなのと相談室を開いている。まじめな話、スピンオフを出せるぐらいのカップルだと思う。(科学魔法少女ひなの☆マギカの助手役でとかさぁ)

  • コネクトが相手の動きを制限する類のものなので、低レアといえど侮れない。 最近最高レアリティまで強化が可能になったため、無課金勢の主力としておすすめできるようになった。

剣盾(駄文ね)

ポケモン剣盾をプレイした。(ソード)

第八世代ということで、スイッチで動くわけだが進化がすごい。もうアニメと同じぐらいじゃん・・・

もちろん、過去のアナログな世界も好きであるが、確実にポケモンを身近な生物として存在を確立しつつある。

とりあえず、適当に駄文を書いていく。

おすすめ旅ポケモン

御三家三匹

ゴリランダー・インテレオン・エースバーンのどれかですね。今回は単一タイプです。好みで選んでよし。 わざマシン(余裕があればレコード)でサブウエポンを覚えさせておくといざという時に使えると思う。

ゴリランダー:じめんわざ 手堅くまとまっているので、とりあえず。 エースバーン:とんぼがえり いわやでんきわざがあるとみずタイプに対応できるが、わざマシンではなかったので、とりあえず交代技を。 インテレオン:こおりわざ インテレオンは打たれ弱いので、わざマシンのこおりわざじゃ火力不足で返り討ちでやられる可能性が高い。 なので交換しちゃった方がいいかもしれない。

アーマーガア

序盤鳥ポケモン。はがねタイプが進化で追加され主力になる。フェアリーポケモンに強く出れるのはありがたい。ブレイブバードを覚えられるので火力も十分。特性によるけど対戦でも活躍できる。

パルスワン

序盤犬ポケモン。イヌヌワン!で一躍スターダムに。素早さが高く、キバわざが強化されるので火力も結構ある。 じゃれつくを覚えられるのでドラゴンに強く出れるのはありがたい。守備が薄いので注意。

ギャラドス

い つ も の。初代から強いポケモン代表格として君臨してきた凶いの水龍。でんきわざさえ来なければずっとこの子でゴリ推せるレベル。ただ防御も結構高いのでサブウエポンで覚えている中途半端なでんきわざぐらいならしっかり育てていればそのままゴリ推せるほど。水・悪・地面・岩あたりの物理わざでそろえると強い。

オーロンゲ

終盤で出てくる戦闘機のようなアイツ対策。あく・フェアリーなので旅パとしてはいいタイプ。どくわざが欲しい。

戦闘機のようなアイツ

若干ネタバレ要素ではあるが、早い話がダンデのドラパルト。 初見プレイではリザードンよりこっちに苦戦した。うちの最速パルスワンで先手が取れないほどの素早さ、高い火力、 タイプ相性で4倍弱点がない。別に防御も特段低いわけじゃない。ぶっちゃけ先手で倒されるので防御の低さが弱みにならない。*1

剣盾ショックからのDLC

発表当時、リソースの都合もあるので剣盾に出るポケモンは絞ります、というのが話題になった。 リストラと騒がれていたあれだ。実際にプレイしてみるとそこまで気にはならない。 ただ、今までのポケモンでいない子がいるとちょっと寂しいな、って思うこともある。 なぜならポケモンキャンプがあるからである。

パーティ6匹のキャンプはトレーナーとの交流と、ポケモン同士の交流を眺めることができる。 キャンプの中で意外なポケモンの組み合わせが見れたりすると、そこでストーリーが始まる。 喧嘩したりすることで、彼らも生きているんだなぁと思わせるなど、そういうたぐいの演出が楽しいからだ

ここまでの仕掛けがあると、あのポケモンもキャンプに参加してほしいという欲が出る。ヨクバリスなのである。

そこからのポケモンダイレクトだった。 DLCを追加購入することで、ポケモンが増えるという大型アップデートが発表された。 既存ポケモンと新ポケモン、新要素を引っ提げて堂々登場。登場しませんと当時いっていたGameFreak増田氏の発言は何だったのか(誉め言葉)

細かい懸念は、バトルでガブリアスやカプ神が登場することになるという点。うまく調整してくれえればいいと思うが果たしてどうなることだろう。

*1:調べたら素早さ142もあるんですね・・・。どれだけ早いんだよって。 詰みそうだったのでかいふくのくすりごり押しで耐久しました。 オーロンゲを手持ちに入れていなかったのと、フェアリーならパルスワンでじゃれつけばいいっしょと思っていたため 完全に弱点が露見しました。