読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUNNYTANGO

ド♪

艦これ秋の秋刀魚/Satisfaction Fes.【2015年秋イベント反省会】

※本記事はゲーム「艦これ」の記事です。ネタOnlyなので、ご了承ください。

本記事は「艦隊これくしょん Advent Calendar 2015」の10日目の記事です。

www.adventar.org

秋から季節移ろい、もう冬めいてきました。皆様お変わりございませんか。

艦隊これくしょん2015年秋期 期間限定イベント「突入!海上輸送作戦」を終了、なんとか満足致しました。提督の皆様、お疲れ様でした。

fktan5.hatenablog.com

(上記バナーは夏イベントの記事へのリンクです。)

これで4度目のイベントになり、春夏秋冬を一通り越したことになります。

鎮守府では作戦を完遂、難易度は「甲甲乙乙甲」と進め、念願の甲種勲章を獲得しました。

報酬艦娘として「鹿島」「萩風」、新規ドロップ艦娘として「嵐」Graf Zeppelin」「秋月」「Prinz Eugen」「野分」「春雨」「瑞穂」「風雲」「初風」を迎え入れることができました。(他に長門・まるゆ・浜風・谷風などをドロップしました。)

f:id:fktan5:20151207133309p:plain

夏イベントで全然ドロップしなかった反動か、ドロップが非常に満足できる結果となりました。

この記事では恒例の振り返りを行います。

準備編

既存艦娘のレベリングですが、改二艦を重点的に行い、だいぶ種類が揃いました。今では未だ改二でない艦娘を数える方が早いです。 現時点ではドイツ艦娘以外(そもそもBismarck/Z3に至っては母港にいない)はコンプリートしています。 それ以外の艦娘もレベリングしていました。特に駆逐艦軽巡洋艦は60〜70レベルを目安に可能な限りレベリングしていたので、 そこそこ順調だったと思っています。

装備開発に関してはあまり重点的に行っていません。改修はデイリーで1つのペースで行いました。 ネジの消費が1つで可能な、12.7cm連装砲などを星6つまで行うなどです。今回駆逐艦主体の海域が多かったので、 重宝しました。

艦載機が思ったほど出なかったのは残念なところです。イベント前に艦攻の新規実装があったのですが、機種転換に必要な任務が終わらなかったのでそれらは揃いませんでした。*1

大型建造をコツコツやっていましたが、相変わらず何も成果が得られませんでした・・・。 イベント前になり貯蓄に走ったため、資材が足りないとかそういうのはありません。

f:id:fktan5:20151207133430p:plain

(そういえば秋イベ前に秋刀魚イベがありましたが、大漁旗はゲットしました。)

バケツも無駄に使わないようにしたので、十分な量をためていました。

本番

難易度は E-1 甲/E-2 甲/E-3 乙/E-4 乙/E-5 甲 をそれぞれ選択しました。 今回は夏のあの地獄を乗り越えたせいもあり、大分楽な印象です*2

E-1

札が付くとのことですが、4分割された夏に比べれば大したことは無いです。

準レギュラーで編成して事なきを得ました。 道中2戦の水上打撃部隊を編成しましたが、1時間ぐらいで突破したと思います。

途中の戦艦2隻と対峙するマスで偶に大破〜中破が1隻出るレベルで、大破しても司令部で退避してもボス戦で苦労する事はありませんでした。

f:id:fktan5:20151207133917p:plain

E-2

初の輸送任務です。ここから駆逐艦軽巡洋艦の独壇場となります。ここではとにかくゴールをA勝利以上で決めるという 今までとは違ったルールでした。

道中の夜戦が厄介なポイントです。大破撤退を繰り返し回数で殴るしか手段はありませんでした。 ですが、ルート固定要因がちょうど揃っていたので道中戦闘も2回で済み、比較的簡単に進められたかと思います。 編成は固定要因+高レベタフネスのベールヌイでした。

支援艦隊を使うにしても、途中で夜戦が入ってくるので実質50%しか意味が無い道中支援では入れても資材を浪費するだけだなと思い、決戦のみ入れました。 A勝利するためには少なくとも4隻は倒さないといけないため、支援で確実にアドバンテージを得るようにしました。

精神によろしく無いので突破後は行く事のなかったマップです。

f:id:fktan5:20151207134217p:plain

E-3

引き続き輸送任務です。しかも連合艦隊による輸送作戦です。ここをクリアすればまずはイベントクリアになります。

ボスが水母棲姫とかいう夏のトラウマを思い出させる奴だったので、ここで難易度を落としました・・・。 後の堀りも考えると、絶対甲じゃ辛くなると思ったからです。

連合艦隊だったので途中撤退はそこまでありませんでしたが、やはりボスは厳しい戦いでした。 こっちの出せる最大戦力が重巡までなのに、敵は普通に戦艦を出してくるという嫌らしいマップです。

こちらの編成はwiki等の情報からセオリーに則った編成を組みました。幸いあきつ丸がいるので、制空権はとれました。 また、阿武隈も改二になっているので開幕雷撃によるアドバンテージも大きいです。 調子が良ければS勝利も可能でした。 攻略については水母棲姫は無視できるので、そこはありがたかったです。

f:id:fktan5:20151207134422p:plain

クリア後、ろ号作戦消化のために分岐で下ルートへ寄り道していたら初風がドロップしました。連合艦隊ですが確定で3隻以上補給艦が出るのでバシーより確実です。

E-4

EO海域です。連合艦隊によるマップで、ボスは潜水艦です。潜水棲姫は前から出たらどうなる云々という話題があったので、満を持して登場といったところでしょうか。

ここも堀りを考慮して乙でスタートしました(最初はプリンツ堀りのために丙で周回していましたが、時間と優先度を天秤にかけた結果、一度最後まで行ってから掘り直すという結論に至りました。)。

ここのボスは固かったりギミックがあったりしますが、個人的には狙う相手を狭められてかなり楽だったと思います。 対潜要因が途中で大破したりしなければ、そこそこボスに攻撃を集中させられます。

乙では随伴含め3隻の潜水艦が出ますが、それでも対潜要因が旗艦を狙う確率は通常艦隊より大幅に上がるのでありがたいです。更に夜戦でもダメージが入るのもありがたいことです。

f:id:fktan5:20151207134408p:plain

ギミックは解除せず、無事にクリアできました。

E-5

最終海域であり、水雷戦隊中心のマップです。気持ち難易度の高い3−5と言えそうです。 ここのボス編成が丙だと小鬼群が大量に出現し、甲だと駆逐艦が出現するという情報を聞いてから甲に決定しました。 道中が辛いとのことでしたが、言葉通りでした。道中の夜戦でよく大破しました。

特に鬼門がボス前の補給艦Flagshipです。旗艦のため、初手で撃ち漏らすとほぼカットインを放ってきます(補給艦とは)。

今回の大破要因です。支援も、夜戦では使えないので本当に祈りゲーとなり、ただひたすらに無心でバケツをかけるようになりました。言い換えればそこさえ突破してしまえば、ボスに行けるということです。あとは4隻倒せれば目標達成(輸送時)なので、気が楽になります。

輸送を完了し、殲滅戦になると比較的突破が容易になりました。ただし最後のゲージ破壊は苦戦しました。 ギミックを解除する必要があるので、平日は時間が取れないのと、ボスを仕留めるためには支援が必要になってくるのが地味に効いてきます(提督の精神的ゲージに)。

何度か回数を重ねて雪風にフィニッシュを決めてもらいました。

f:id:fktan5:20151207133324p:plain

編成はルート固定の川内・江風・時雨に加えて輸送任務では雪風・利根・Верныйで、さらにゲージ破壊時は利根を北上に交代しました。

振り返って

秋は豊作とは言いますが、本当にそうなるとは思っていませんでした。おかげで前回の記事にちょっと書いた秋月・Printzがドロップできたので感無量です。

今回の功労艦は阿武隈・妙高羽黒・利根・Верный・雪風・その他駆逐艦です。 遠征で育った皐月がイベントで活躍できたというのも、個人的に嬉しいポイント。 前回のエース長門は今回は支援のみです。夏頑張ってくれたので今回は休暇ということで。

不幸リベンジ

また、前回戦力を出し惜しみして活躍できなかった不幸な山城をE-4で編成しました。 戦艦棲姫の重装甲を半分以上削ったりヲ級flahshipを一撃で仕留めてくれたりの獅子奮迅の活躍でした。

朗報

更に、今回のイベントで主力として使っていたためかレベルがカンストし、無事に金剛とケッコンカッコカリしました。 金剛型で最初に登場したエースで2−4からずっと出ずっぱり(に近い)なので、愛着があります。

反省点

序盤の海域で駆逐艦使いすぎたなぁ〜というのが反省点でした。

数は揃えたつもりだったのですが、思ったより前半で動員したと思います。 おかげで後半の札で使える駆逐艦が夕立と綾波しか残っていなかった・・・。 65レベル付近の駆逐艦はいましたが、戦力になるは少し危ういところ。

装備については、所持装備であまり種類が無い、電探を開発していこうと思います。 特に32号電探などの開発可能なレア電探は1つは持っておきたい。

あと大型建造。大鳳ビスマルク・大和がうちにはいませんので、早く建造したい。*3地道に回していく予定です。

最後に

最後ですが、今回も轟沈艦が0で終わることができました。

どうしても人間完璧ではないので、ロストしてしまうという事がどこかであるようです。

実はこのロストを0で終わらせるというのが個人的にはイベントで心がけている事だったりします。 どうしてもロストした艦娘は戻る事がなく、実際にそれを経験した友人も悲嘆に暮れていたとの事でした。 精神的なショックも大きいでしょう。

なので、今回ドロップが豊作だった方も、そうでない方も、ロスト0であればイベントは成功だと考えるべきでしょう。 もし不幸にもロストしてしまったら、次は是非対策を講じるなど、同じ轍を踏まないよう心がけたいものです。

f:id:fktan5:20151207133314p:plain

次はクリスマスですね。 改めて、お疲れ様でした。

*1:(水上反撃任務が鬼畜過ぎんよ〜イベントより体感難度高い気がする)

*2:(夏がおかしかったんや…)

*3:劇場版ガルパン見たときも大鳳の姿が事あるごとに脳裏をよぎりました…